イタリア・トレニタリアの上手な活用法用!お得に旅を楽しもう

古の帝国ローマ、水の都ヴェネツィア、美術と建築のフィレンツェ、遺跡の街ナポリ。

 

何を隠そう、イタリアには、世界に名を轟かせる、非常に美しい都市がたくさんあります。

 

ヨーロッパの中でも特に人気が高く、日本からの観光者も絶えません!

 

そんな見どころ盛りだくさんのイタリアだからこそ、イタリアでの都市間の移動は必須です。

 

せっかく長時間のフライトを耐え忍んで、はるばる日本から旅行に行くのであれば、できるだけ効率良く、たくさんの美しい都市を見て回りたいですよね!

 

そこで欠かせないのが、トレニタリア。

 

トレニタリアは、旧イタリア国鉄を受け継ぐ形で運営を続けている、イタリア国内最大の鉄道会社です。

 

多くの乗客が、イタリアの主要都市へアクセスするために、利用しています。

 

トレニタリアでは、様々な種類の格安チケットが販売されており、事前に調べておけば大幅に旅行費用のカットができる場合もあります。

 

この記事では、主要な格安チケットの種類と、その予約方法などをご紹介します。

 

JRには無い、早割システム

 

 

最も簡単で、利用しやすいのが、早割システムです。

 

周辺のヨーロッパ諸国にも、だいたい共通して言えることですが、チケットの購入が早ければ早いほど、高い割引率のチケットが見つかる確率が上がります。

 

トレニタリアのサイトでは、およそ4か月先のチケットまで購入可能ですので、旅行の予定が固まったら、電車のチケットも取ってしまいましょう。

 

ただし、大幅な早割が適応されるのは、「フレッチャ(Freccia)」と呼ばれる高速電車のシリーズだけです。

 

(フレッチャの車内の写真です)

 

ローカル電車の料金は、事前購入でも、当日券でも同一です。

 

「IC」と呼ばれる、準特急の列車では早割が適応されますが、割引率は高速電車ほどではありません。

 

トレニタリアの高速電車「フレッチャ」シリーズには「ベース」「エコノミー」「スーパーエコノミー」の三種類のチケットがあります。

 

スーパーエコノミーは、場合によっては、ベース料金の三分の一ほどの料金設定になっていることもある格安チケットです。

 

遅くとも1か月前頃には売り切れてしまうので、早め早めに狙わなければいけません。

 

飛行機チケットみたい!往復だと割引

 

 

一日で同じ区間を高速電車で往復する場合には、必ず「A/R」と表記のある往復チケットを購入しましょう。

 

これは「Andata e Ritorno(行きと帰り)」の略で、こちらも早割ほどではありませんが、大幅な割引が適応されます。

 

また、「週末A/R」というサービスもあります。

 

これは同じ区間を土曜日に往路、日曜日に復路で利用する場合に購入できます。

 

実家から離れて暮らす学生や、単身赴任の方に嬉しいタイプのチケットですね。

 

要チェック!期間限定のイベントチケット

 

トレニタリアでは、不定期に数々のキャンペーンが開催されます。

 

年間行事に合わせて、需要の高くなりそうなタイプのチケットが割引になったり、夏の旅行ハイシーズンに合わせて、複数人数で利用しやすい、格安チケットが販売されたりします。

 

不定期に発表されるこのようなチケットの情報は、トレニタリアのサイトでチェックする必要があります。

 

トレニタリア

http://www.trenitalia.com/trenitalia.html

 

 

PASMO?いいえ、カルタ・フレッチャです

 

 

イタリア在住の方であれば、カルタ・フレッチャ(Carta Freccia)と呼ばれる、ポイント・カードを作るのも節約術の一つです。

 

チケットを購入するたびに溜まるポイントは、無料チケットなどに交換することができます。

 

一旦発行してしまえば、イタリアから引っ越してしまった後でも、継続して使うことができます。

 

カルタ・フレッチャのメンバーだけが購入できる格安チケットなども不定期に販売され、誕生日の月には10ユーロの割引券が贈られるなど、嬉しい特典がたくさんあります。

 

 

まとめ

 

ヨーロッパ旅行には、どうしても膨大な費用がかかってしまいます。

 

ひとつひとつの移動にかかるコストを上手に減らして、旅行中は、有意義なお金の使い方をしたいですよね。

 

大幅な割引を受けられる、上記のチケット・タイプを参考にして、イタリアを満喫していただきたいと思います。