スイス格安旅!知ってる?スイスの公共交通機関のチケット事情

スイスは、アルプスの大絶景や、独特の雰囲気を残す、美しい都市の数々から、日本人にも、大変人気の高い旅行先です。

 

しかし、スイスはお金持ちの国。

 

宿泊料金からお土産の値段まで、何をするにも、とにかく物価が高いです。

 

周辺ヨーロッパ諸国の平均的な相場の、二倍程度のお金がかかってしまうのが難点です。

 

山々に囲まれた地形のため、公共交通機関の路線も大きく迂回する場所や、数々のトンネルを経て続いています。

 

そのようなバックグラウンドから、もちろん、乗車料金も割高になります。

 

それでも、スイスの自然が織りなす、数々の大絶景は、一見の価値ありです。

 

この記事では、

 

「スイス旅行がしたいけれど予算が…」

 

と不安に思っている方へ向けて、格安旅行の強い味方になる、公共交通機関のチケット各種をご紹介します。

 

スイスには、半額カードという年間パスも存在し、セカンド・クラスの場合は、185フランで様々な特典が付いてくる上、購入できる格安チケットの種類も広がります。

 

ですが、スイス、もしくはヨーロッパ在住の方でないと、年間パスは必要ありませんよね。

 

この記事では、一般的な日本人旅行客用の格安チケットに絞って、ご紹介します。

 

スイス国鉄のホームページ(バスのチケットも購入可能です。)

https://www.sbb.ch/en/home.html

 

 

  • 早割チケット……その名も、スーパー・サーバー・チケット

 

 

日本で言うところの、早割にあたるのが、このチケットです。

 

名前の通り、格安でチケットを購入でき、最大50%の割引料金が適応されます。

 

購入は、オンライン、もしくは専用のアプリで可能です。

 

単純に、行き先と日程を入力すると、その時点で購入可能なスーパー・サーバー・チケットの候補が、表示されます。

 

販売枚数が限られているため、割引率の高いチケットを購入するためには、できるだけ早い段階で、予約する必要があります。

 

旅行の予定が決まったら、すぐに探してみましょう。

 

 

  • 観光旅行者はこれ!スイス・トラベル・パス

 

 

 

こちらは、観光客にとても人気の高いチケットです。

 

スイスは小さな国なので、少ない日数でも、あちこちへ移動して、様々な観光スポットを堪能することができます。

 

そんな旅行の際に大活躍するのが、このスイス・トラベル・パスです。

 

好きな日数を決めて購入すると、その間、スイス国内すべての公共交通機関が乗り放題になります。

 

観光地での入場料や湖を渡る船の乗船料、登山電車の乗車料金も割引になるなど、うれしい特典が盛りだくさんです。

 

料金は以下の通りです。

 

  • 三日間 セカンド・クラス 216スイスフラン、 ファースト・クラス 344スイスフラン
  • 四日間 セカンド・クラス 259スイスフラン、 ファースト・クラス 412スイスフラン
  • 八日間 セカンド・クラス 376スイスフラン、 ファースト・クラス 596スイスフラン
  • 15日間 セカンド・クラス 458スイスフラン、 ファースト・クラス 722スイスフラン

 

5日間から7日間のチケットがないじゃないか!

 

と思われるかもしれませんが、実際には6日間ならば3日間チケットを2つ、7日間ならば3日間チケットと4日間のチケットを組み合わせて利用できます。

 

 

  • 実は地域によって特別サービスも……!

 

最初の2項目でご紹介したのは、スイス全土で共通の、お得なチケットですが、その他に地域が個別に出している割引システムもあります。

 

 

スイスでは、

  • 英語
  • フランス語
  • イタリア語
  • ドイツ語

の、4つの言語が使用されています。

 

そのことからもわかるように、それぞれの地域が比較的独立していて、地域ごとに様々なサービスを提供しています。

 

地域によっては、一週間ローカル線が乗り放題になるチケットなども、販売しています。

 

旅行の期間と滞在先に合わせて、最適なチケットを選びましょう。

 

地域ごとのチケット情報

https://www.sbb.ch/en/travelcards-and-tickets/fare-networks.html

 

 

  • まとめ

 

ヨーロッパ内でも、特に物価の高いスイスへの旅行で、予算を抑えるのは簡単ではありません。

 

ですが、電車の窓から見える景色でさえも、ため息が出るほど美しいのも事実です。

 

一度は訪れてみたい憧れの国で、上手に公共交通機関を使いこなせば、きっと忘れられない素敵な旅行になるでしょう。