ライアンエアーはヨーロッパ旅行の格安移動に大活躍のLCC!

日本でも近年、格安航空会社、いわゆるLCCがメジャーになってきていますが、ヨーロッパではずいぶん前から空の移動はとっても気軽にできるものでした。

 

その大きな理由のひとつが、今回ご紹介する航空会社、ライアンエアーの存在です。

 

 

日本の高速バスより安いじゃん! 

 

 

ライアンエアーはびっくりするような低価格設定で空の便を運航しています。

 

日本ではLCCと言えども、片道の航空券が5,000円を切ることはなかなかありませんよね。

 

私は初めてライアンエアーのチケットを購入した際に、その破格の値段にびっくりしました。

 

例えばイタリア、ミラノからドイツのフランクフルト・ハーン空港までの航空券が、片道たったの9ユーロなんてことも珍しくありません。

 

ちなみに、これは空港税や様々な費用全てひっくるめた値段です。空港へ向かうバスや電車の料金の方が高い、なんて事態もしばしば起こり得ます。

 

ただし、ここまで格安でチケットが買えるのは、時間に十分余裕をもって購入する場合に限ります。

 

ローシーズンならば1週間後の航空券が20ユーロで買えた、などというケースも珍しくはありません。

 

しかし、旅行客が多いシーズンに利用するのであれば、なるべく早めにチケットを購入してしまいましょう。

 

 

LCCなのに……便数も路線も充実 

 

 

ライアンエアーのもう一つの強みは、路線と便の数が、とにかく充実していることです。

 

ヨーロッパ内ならライアンエアーでほぼどこの国へでも格安で飛んでいくことができます

 

夏の旅行シーズンには他の時期よりも運行便の数が増えます。

 

特に需要の高い路線では一日に複数本の航空便が飛んでいる場合も多く、時間を選べるのもうれしいポイントです。

 

 

注意すべき点

 

 

ただし、便利な分注意すべき点もいろいろあります。

 

まずは手荷物のサイズ規制です。

 

ライアンエアーの機内に持ち込める手荷物は「55×40×20cm以内の大きさで10kg未満の荷物」が1つと、「35×20×20以内の大きさの荷物」が1つ。

 

つまり、計2点までしか許可されていません。

 

サイズや重量がオーバーしてしまうと、強制的に預入荷物とみなされ、料金が発生してしまいます。

 

預入荷物は、航空券の予約時に同時に手数料を払う場合は14ユーロほどからと格安なのですが、空港で急遽預けることになった場合は、40ユーロほど余計にかかってしまいます。

 

預入荷物の手数料も、旅行のハイシーズンは高くなり、ローシーズンは安くなるので、予約時に確認が必要です。

 

格安で空の移動ができるのですから文句は言えませんが、ライアンエアーの機内はとても窮屈です。

 

ヨーロッパ内の移動であれば、長くても2、3時間のフライトになるので我慢できるとは思いますが、身体の大きい人には少々辛いかもしれません。

 

席の予約は、有料になります。

 

値段は、席の位置によって異なります。

 

短時間のフライトならばどこでもいいやと思う人は、自動的に割り振られる席に座ることになります。

 

キャンペーンをやっている場合などには、追加料金1ユーロで、好きな席を選べることもあるので、要チェックですね!

 

 

機内での食べ物、飲み物はすべて有料。

 

このような細かいところでお金を稼ぐのがライアンのスタイルです。

 

なので、せっかく格安航空券を購入したのに預入荷物や機内での飲食で浪費することにならないよう気をつけましょう。

 

また、ライアンエアーの航空便は、LCC専用の小さな空港で発着しているケースがほとんどです。

 

そのため、乗り換えがある場合には少々不便になるかもしれません。

 

例えばイタリアのミラノならば、日本発着のものをはじめ長距離のフライトは、マルペンサ空港かリナーテ空港を利用します。

 

ですが、ライアンエアーはベルガモのオリオ・アル・セリオ空港になります。

 

「ミラノ(ベルガモ)」と行き先にも表記されるように、ミラノの空港でありながらミラノには位置していません。

 

各空港間の移動にはかなり時間がかかる場合もあるので、乗り継ぎ便がある場合には注意しましょう。

 

 

まとめ

 

ここまで格安にヨーロッパの空の旅ができる航空会社はありません。

 

確かに、多少不便な点はあるかもしれませんが、値段は破格です。

 

上手に使いこなせば、ヨーロッパがグッと身近なものになりますよ。

 

是非一度トライしてみてください。