イージージェットで快適・格安にヨーロッパを旅行しよう!

イージージェットは、ヨーロッパではライアンエアーと並んで知名度の高い、とてもメジャーな格安航空会社です。

 

乗り入れている空港の数は、ライアンエアーほど多くはないのですが、それでも充分な範囲をカバーしています。

 

何より、ライアンエアーよりも便利な点は、イージージェットは各国の主要空港に乗り入れているところです。

 

イタリアのミラノならばイージージェットはミラノ・マルペンサ空港にて発着していますし、ルクセンブルクならフィンデル空港に乗り入れています。

 

このように長距離の国際線が乗り入れている空港を使って移動できる、とても便利なLCCなんです。

 

おかげで、日本からの直行便でヨーロッパに到着し、同じ空港内でイージージェットに乗り継ぎ、という旅行日程も、とても簡単に実行することができます。

 

ちなみに、機内も比較的ゆったりとした造りのため、LCC特有の窮屈な感じはありません。

 

とても快適に、空の旅を楽しむことができます。

 

そんなイージージェットを上手に活用するため、いくつかの注意点を以下でご説明したいと思います。

 

 

・予約はできるかぎり往復で

 

 

イージージェットの価格設定は、ライアンエアーほどまでではありませんが、かなり安くなっています。

 

例えばイタリアとドイツの移動が片道11ユーロ強ほどからで見つかります。

 

日本ではちょっと考えられない格安チケットですよね。

 

特に競争率が高いというわけでもないので、早めに事前予約さえすれば、簡単に購入することができます。

 

旅行の日程が決まったら、すぐにチケットを探してみましょう。

 

ただし、この値段は往復航空券を購入する場合の片道料金で、片道だけ購入するように設定して再度検索すると、同じ航空便なのにも関わらず、倍額ほどの値段が表記されます。

 

もちろん11ユーロが倍額になったところで、2国間をまたぐ航空券としては格安なことに変わりはないのです。

 

しかし、往復で購入した方がさらにお得なので、復路の日程も決まっている場合は同時に購入してしまいましょう。

 

 

機内持ち込み用の荷物

 

 

イージージェットでもヨーロッパの他のLCC同様、持ち込み荷物の規定サイズが厳しくチェックされます。

 

規定サイズは56 cm x 45 cm x 25 cm。

 

こちらは取っ手も込みのサイズなので、事前にきちんと採寸しておきましょう。

 

持ち込める手荷物はひとつだけです。

 

ハンドバッグやショルダーバッグなどの小さなものでも外に出していると注意され、一つにまとめるよう指示されます。

 

せっかく搭乗口に並んだのに、荷物を詰め替えるために列を外れてもう一度並びなおしになってしまう乗客をしばしば目にします。

 

航空便が満席の場合、機内持ち込み用の荷物を預け入れに回すよう指示される場合もあります。

 

これは、搭乗順が遅い乗客数十人にふりかかるアンラッキーです。

 

機内の荷物入れが満杯になってしまった時に起こる可能性があり、最後の方に搭乗する人の荷物は、客室ではなく荷台に積み込まれることになってしまいます。

 

この場合は、もちろん預け入れの手数料はかからないのですが、充電器などが荷物に入っていると取り出すように指示されますし、旅行のお供とも言えるオーディオ機器やスマホなども、引っ張り出すことになります。

 

搭乗口で荷物を開くのはかなり面倒ですので、指定席だとはいえ、ヨーロッパでLCCを利用して旅行する際には、早め早めに搭乗口に並ぶように心がけましょう。

 

 

まとめ

 

格安の値段にも関わらず、ゆったりとした座席でヨーロッパ内を旅行することができるイージージェット。

 

ヨーロッパのみならず、北アフリカなどの周辺諸国にも発着しています。

 

いくつかの注意点を押さえておきさえすれば、とても快適な空の旅を満喫することができる、おすすめの格安航空会社です。

 

目印のオレンジの看板や機体もかわいらしく、かつ目立つので、迷う心配もないでしょう。

 

是非今後の旅のパートナーとして検討してみていただきたいと思います。